基本が大事なFX

PAGE LIST

実質の手数料がある

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 投資においては、基本的に手数料が発生します。
インターネット取引が当たり前となったため、ひと頃に比べれば、手数料も安くなりました。
しかし、FXにおいては、手数料が発生しません。
たとえば、口座管理費などは、基本的に無料となっています。
そうは言っても、FX業者などは、収益を上げなければなりません。
そこで、実質の手数料が掛かるようになっています。
FX業者は、法律上、為替レートに上乗せすることができます。
価格提示された時点で、それが行われています。
投資家に不利になることは禁止され、通常は、小数点単位で表示されます。
お金にすれば、銭の単位であり、一般社会では、すでに使われていない単位となってます。
しかし、外国為替相場では、取引が行われるため、細かい数字まで必要なようです。
こういう上乗せ分は、スプレッドと呼ばれています。
外貨預金でも、入金や出金時点で、スプレッドが加えられています。
別途手数料を取る銀行などもあるようですが、FXでは、それがないようです。
スプレッドの傾向としては、人気通貨ほど、低くなっています。
たとえば、円とドルであれば、ゼロという場合もあります。
常時ではなく、キャンペーンなどを行うことで、顧客を増やそうという試みのようです。
逆に考えれば、マイナー通貨程、スプレッドが大きいため、その点について、注意が必要でしょう。
ちなみに、スプレッドとは、英語で広がりを意味します。
上乗せすることで、実際の為替レートから広がりがあるからでしょう。

人気の記事

ウェブマスターお勧めのサイトをご紹介

Copyright (C)2017基本が大事なFX.All rights reserved.